みなさんの眼の悩みをしっかりとケアします。
トップ > 斜視・弱視
文字サイズを調整してご覧下さい文字サイズ標準拡大

斜視・弱視とは

●斜視

眼の動きなどに異常があるため、一か所を見るときに左右の眼が別方向を見てしまう時がある眼を斜視といいます。

右目を正常な位置とした斜視の種類

右目を正常な位置とした斜視の種類

●弱視

斜視や強い遠視・度数の左右差などにより視力の発達が阻害されてしまったため、眼鏡で矯正しても視力がでない眼のことを弱視といいます。視力の発達は小児の時期に起こるものなので、できるだけ早期の発見・治療が良好な視力を得るために必要になります。

弱視

症状

  • 眼が外れる、寄っている(ときがある)
  • 首を傾けている
  • 両目で見ると二重に見える
  • 片目を瞑って物を見ている
  • 見づらい、見づらそうにしている(目を細めたり、近づいてものを見ていたり)

検査

  • 屈折検査
  • 視力検査
  • 眼圧検査
  • 眼球運動検査
  • 眼位検査
  • 両眼視機能検査

治療

◇大人の方の斜視

複視を軽減: プリズム眼鏡
斜視手術
整容的治療: 斜視手術

急性的に斜視が発症した方は自然回復傾向があるため、まずは状態が落ち着くまで経過観察します。

◇小児の斜視

複視を軽減: プリズム眼鏡

小児斜視手術は他病院施設に紹介となります。

◇弱視

眼鏡処方: 視力の発達を阻害している要素をなくすための眼鏡なので掛けてすぐに視力がでるわけではありませんが、弱視治療にはとても重要です。
治療用眼鏡の作成費用は年齢によって助成を受けられる場合があります。該当する方には必要書類をお渡しします。
アイパッチ: 視力に左右差がある場合、弱視眼を使ってもらうために一定時間健眼を隠してものを見てもらいます。

※弱視の治療は眼科スタッフの指導の基に行なって下さい。
専門医の来診は3ヵ月に1度となりますのでご注意下さい。

担当医師紹介はこちら
訪問診療も行っています
スタッフ募集中 こちらからご確認下さい
ページのトップへ