みなさんの眼の悩みをしっかりとケアします。
トップ > 白内障について
文字サイズを調整してご覧下さい文字サイズ標準拡大

白内障とは

目の中にある水晶体(眼のレンズ)が濁る病気のことです。

初期の白内障進行した白内障

症状

  • 全体的にかすんで見える
  • 視力の低下
  • 光がまぶしい
  • ものが二重に見える

などという症状が現われます。

原因

水晶体に含まれるたんぱく質が酸化することで水晶体が濁ってきます。
さまざまな原因がありますが、最も多いのは加齢によるものです。
これを「加齢性白内障」と呼びます。

●その他

全身疾患に合併するもの→アトピー性、糖尿病性
先天性白内障→遺伝や、母親の胎内で風疹に感染することが原因
外傷性白内障→目のケガ
併発白内障→ブドウ膜炎の炎症や、網膜剥離などの目の病気によるもの
放射線白内障→多量の放射線を短い時間で浴びた場合や、被爆した場合
ステロイド白内障→薬剤が原因で発症するもの

などがあげられます。

治療

●点眼治療

日常生活に支障のない初期の段階では点眼薬を処方します。
あくまでも白内障の進行を抑えることが目的の為、濁った水晶体を元に戻すことは出来ません。

●手術

日常生活に支障をきたす場合は手術を行います。
眼の中の濁ったレンズを超音波で粉砕し吸引したあと、眼内レンズを挿入します。
通常の眼内レンズは単焦点レンズの為、患者様の生活スタイルに合わせて遠くにピントを合わせるか、近くにピントを合わせるか選択が可能となっています。

白内障の手術

●眼内レンズの種類

トーリックレンズとは

乱視を矯正する効果のある単焦点眼内レンズの一種です。この眼内レンズは白内障術後に残存することが予測される、角膜乱視を軽減し、術後の遠方裸眼視力の向上が期待できるレンズです。

マルチレンズとは

遠くと近くを見えるようにするものです。白内障術後メガネを使わずに、より快適な「視生活」をご希望される方には、付加価値のついたマルチフォーカルIOL(遠近両用眼内レンズ)をお勧めします。
(※尚、マルチレンズは先進医療の為保険適応外です。)

術後

手術当日は眼帯をし、翌日外します。
(※希望者には保護眼鏡を販売しています。)
翌日から点眼液が開始となり、看護師より点眼指導があります。 通常術後3日目から入浴(顔を濡らさないように)、7日目から洗髪・洗顔が可能となりますが、経過により異なります。
また医師の指示に基づいて定期的に通院が必要となります。

術後
担当医師紹介はこちら
訪問診療も行っています
スタッフ募集中 こちらからご確認下さい
ページのトップへ