みなさんの眼の悩みをしっかりとケアします。
トップ > 加齢黄斑変性について
文字サイズを調整してご覧下さい文字サイズ標準拡大

加齢黄斑変性

加齢黄斑変性は、加齢等の原因によって黄斑部機能が障害されて視力低下をきたす疾患脈絡膜から発生する新生血管(脈絡膜新生血管)の有無で滲出型と萎縮型に分類します。

●滲出型加齢黄斑変性

脈絡膜新生血管が発生し、出血することにより網膜が障害されます。進行が速く、急激に視力が低下します。

●萎縮型加齢黄斑変性

網膜の細胞が加齢により変性し、老廃物が蓄積して栄養不足に陥ります。その結果、徐々に萎縮していきます。進行が緩やかなため、気付かない人もいます。しかし、時間経過とともに新生血管が発生し滲出型に移行することもあります。

症状

  • 変視症:見たい部分が歪んで見えます
  • 視力低下
  • コントラスト閾値の低下:全体的に不鮮明に見えます。
  • 中心暗点:見たい部分が黒くなって見えます。

検査

  • 視力
  • 眼圧
  • 光干渉断層計
  • 眼底検査
  • 蛍光眼底検査

治療

・硝子体内注射(抗VEGF治療)

眼の中に抗VEGF薬を注射し、新生血管の増殖や成長を抑えるための治療法です。定期的に注射が必要であり、経過を診ながら治療をしていきます。

担当医師紹介はこちら
訪問診療も行っています
スタッフ募集中 こちらからご確認下さい
ページのトップへ